業務内容

「新技術情報の目指すものは、正確・迅速かつ簡潔な二次情報の作成です。二次情報は科学技術の進展に寄与します。」

 

多様化・専門化する文献情報から、必要とする情報をいかに的確に収集し、効率よく活用するかは、大学及び企業などの多くの研究機関をはじめ、情報利用者にとっては、最重要事の一つです。しかし、必要とする情報をもれなく収集し活用することは、容易なことではありません。このためには情報を提供するサイドでもいろいろな手法を開発しています。

 

文献の加工(二次情報化)もその一つです。内容を簡潔に記述する抄録作成や効率よく検索を行うための手がかりを与えるキーワード・分類コードを付与する牽引作業、また特許関連における分析作業、特許・一般文献資料調査作業が新技術情報が誇る業務です。